風俗求人サイトでお仕事のデメリットも知る

風俗求人サイトでお仕事のデメリットも知る

風俗の店員にもなると、メリットもいろいろとあります。給料の面や空き時間の面などいろいろとあります。

その一方でデメリットがあるのも事実です。

もしかすると、風俗の店員と聞くとデメリットしかない、仕方なしにしているなんて、勝手なイメージがついているかもしれません。

やはり働くときにはデメリットも知っておこう

やはり、風俗で店員になることについて、メリットだけでなく、デメリットについても知っておくこともやはり必要です。

それも踏まえて働かないとこんなはずではと思うようになり、すぐに辞めてしまうなんてことにもなるのです。

これがあるから、風俗業界では出入りが激しいのかもしれません。

デメリットとしては、その勤務時間の長さです。

1日に10~12時間の勤務時間になることも多くなります。

他の仕事だとたとえば会社員だと7~8時間くらいなのでそれに比べるとかなり多いです。

さらに休みも週に1回なんてことも多いです。

やはり、勤務時間の長さや休みの少なさは、おる意味デメリットといえます。

もしも、自分の時間をという男性は風俗の店員には向いていないかもしれません。

また、風俗をやめたあとに職歴をどうするかもあります。

さすがに風俗の店員とは男性でも履歴書には書けません。

あまり根掘り葉掘り聞くなんてことはありませんが、やはりあとあとばれてしまうと印象わるくなることも多いです。

次の仕事への影響もあるのです。

また女の子と話したい、仲良くなれると思って働いてみると意外に接することもなくて、なんだこれはとなってしまいがちです。

さらに風俗店の規則で女の子と仲良くなるのは禁止されています。

もしかすると、お客さんの方が仲良くなれる可能性は高いかもしれません。

そういう意味では、仲良くできないのもデメリットとも言えます。

デメリット克服しよう

こうしたらデメリットも、たとえば拘束時間は自分の時間として空き時間を使ったり、他のお店のお客さんとして女の子と仲良くなるのは、次の仕事探しては接客スキルをアピールすれば、克服へと繋がっていくでしょう。

タイトルとURLをコピーしました